サイトTOP » 各地の見え方・観測会情報

このページで紹介している2012年5月21日の金環食は既に終了しています。日本での次回の金環食は2030年(北海道)、皆既日食は2035年(北陸~北関東)、部分日食だと2016年(全国)です。

全市区町村別に金環食予測&観測会情報をまとめてみました!

日本国内の全市区町村ごとに、今回の日食の見え方・欠け具合・開始時間などについて調べてみました。日食観測会・日食関連イベントのリンク集も兼ねています。ご自宅・学校・職場での見え方の確認や、観測旅行の計画・準備などにお役立て下さい。


各市区町村の情報を見る

都道府県:

市区町村:

都道府県の一覧からたどる

凡例:無印…全域で部分食 黄色…一部で金環食 橙色…ほぼ全域で金環食 桃色…金環食の中心食線が通る

»中心食線が通る市区町村の一覧はこちら

今回の金環食と日本列島の位置関係について

日本は鹿児島県南部から福島県南部にかけての広い範囲で金環食帯に入ります。またそれ以外の地域でも非常に大きく欠ける部分日食となります。数多くの政令指定都市、地方中核都市が金環食帯に入っており、当日の朝晴れてさえいれば、総人口の6割以上・8000万人を超える方が観測できるだろう、歴史的天体ショーとなっています。

Javascriptが有効な環境ではここに金環食帯の地図が表示されます。
地図凡例

金環食が観測できる代表的な都市と大体の最大食時刻


安全の為の日食観測三箇条!

 

沢山のアクセス本当にありがとうございました!

当サイトは2010年5月21日に開設して以来、日食当日までの2年間で約130万人の方々から延べ450万PVのアクセスを頂戴いたしました(特に日食前後の24時間では100万PVものアクセスとなりました)。一介のアマチュア天文ファングループにすぎない私達のサイトを、大変多くの皆さまにご覧いただき、一言では言い表せない感謝の気持ちで一杯です。今回の日食を無事観測できた方も、残念ながら見ることができなかった方も、日本中が太陽と月と空にこれほど注目した日は、有史以来なかったのではないかと思います。もし僅かながらでも、この歴史的なイベントが皆さまの良い思い出となるようなお手伝いが出来たのだとしたら、私達にとってこれ以上の喜びはございません。

»ご意見・ご感想などございましたら管理人にお気軽にお聞かせ下さい!
»管理人の著書を読む

おかげさまで当サイト管理人達も金環食を観測できました!

観測地は愛知県豊田市付近。曇りを避けるつもりで千葉から東海方面に移動したのが仇となり、太陽が見えるポイントに中々辿り着けない絶望的な状況の中、なんとか金環食開始約5分前に観測適地に到着。固定撮影、ピントも甘い状態ですが、かろうじて金環食開始数十秒後から48枚のインターバル撮影が出来ました。1コマ毎の秒数は5秒間隔。フレームレート2fpsでまとめています。最後の方は太陽がフレームから切れていますが、一番最後のコマには奇跡的にベイリービーズが写りました。赤道儀の準備その他諸々無駄になってしまいましたが、苦労が多かった分、より思い出深い日食となりました。

金星日面通過も観測できました!

金星の日面通過/2012年6月6日午前9:35:04/名古屋にて

観測地は名古屋市内。今回も曇りを避けるべく千葉から移動。初めはなかなか雲が抜けませんでしたが、第2接触直後辺りからはほぼ快晴となり、機材の都合不鮮明ではありますが写真も何枚か撮影できました。千葉市やその周辺でも終盤に雲の切れ間から観測できたそうですが、名古屋では最高の条件で長時間観測できましたのでひとまず納得です。

今回の日食に関する主要なサイト

素晴らしい素材を無償公開している以下のサイトに心から尊敬と感謝の念を送ります

»『古天文の部屋』
»『Chris O'Byrne』(http://www.chris.obyrne.com/ でしたがリンク切れ)
»『白地図、世界地図、日本地図が無料』

スポンサード リンク